スマート工場EXPO レポート

スマート工場EXPO レポート イメージ
2022年10月11日

近年、“スマートファクトリー”に関する展示会やイベントが数多く開催されている。特に今年は、コロナ禍であっても、リアルイベントが再開していることもあり、実機の展示が可能なFA関連のイベントが再開している。特に2022年8月31日(水)~9月2日(金)に幕張メッセで開催された「スマート工場EXPO秋」には多くの来場者が訪れていた。

「スマート工場EXPO」は、IoT/AI/FAによる製造革新展である。スマート工場・スマート物流を実現するためのIoTソリューション、AI、FA/ロボットなどの最新技術・ソリューションが一堂に出展する専門展である。

「生産革新とカーボンニュートラルを実現する、DXの進化」をテーマに実施されたセミナーは、豊富な実績を持つ講師陣で展開され、連日盛況であった。東芝やアイシンのセミナーは、デジタル化やカーボンニュートラル、未来の工場をテーマに、多くの来場者を魅了した。また、カシオや三菱電機は、工場DXの具体的な事例、効果についてセミナーを開催した。

特に今回のセミナーで人気が集中したのは、メタバースやデジタルツインをテーマとして工場の新たなステージについて説明したNVIDIAの取り組みである。現実世界と仮想空間をつなぐデジタルツインにより、様々な産業で大きな変革が起きようとしている中、自動車をはじめとする製造業、産業界で活用されるNVIDIA Omniverseデジタルツインの事例についての具体的な紹介は、業界関係者にとって魅力的な講演となった。

様々な講演や展示の中でも、特に、楽天コミュニケーションズの「UbisenseのUWB(Ultra Wide Band)タグを活用したデモ」には、多くの来場者が集っていた。タグから取得する位置情報データなどを活用して、展示ブース内の人やモノの動きをリアルタイムで把握するデモや、ネジ締め工程の作業過程を可視化するデモである。組み立て製造ラインに同様のシステムを導入した場合、装置ごとにネジの締め忘れがないかを一元的に確認できるようになるシステムであり、今後の製造業には欠かせないものである。

メールマガジン登録

5G×IoTの最新情報やイベント・セミナー情報を
いち早くお届けします。

ミライト・ワンのソリューションに関するご質問、ご相談など
ございましたらお気軽にお問い合わせください。