生成AI市場

2023年11月6日

●生成AIとは
生成AI(ジェネレーティブAI)とは、自動的にデータを生成する能力を持つ人工知能の一種です。生成AIは、学習データからパターンやルールを学習し、それに基づいて人間が作成したコンテンツと見分けがつかないレベルのコンテンツを生成する能力を持っています。
生成AIは、主にディープラーニングの技術に基づいています。ディープラーニングは、多層の人工ニューラルネットワークを使用して、膨大な量の学習データからパターンやルールを学ぶことができます。人工ニューラルネットワークは、入力層、中間層、出力層で構成されています。各層には、入力データを次の層で特定の予測タスクに使用できる情報に変換するためのユニットが含まれています。そのためマシンは独自のデータ処理を通じて、より高度な特徴やパターンを学習することができます。

●生成AIの種類
生成AIの種類には、画像生成、テキスト生成、動画生成、音声生成など、いくつかの種類があり、用途に応じて生成系AIを使い分けることで、希望している形に近い成果物を生み出すことができます。
近年特に注目されている画像生成AIは、ユーザーがテキストを入力すると、その内容に応じてAIがオリジナル画像を生成するシステムです。わずか数秒~数十秒程度で全く新しい画像を生成できます。画像生成AIの有名なサービスとして、「Stable Diffusion(ステーブルディフュージョン)」があります。
テキスト生成AIは、ユーザーがテキストボックスに質問を入力し、AIが文法規則、語彙知識、文脈理解などの要素を考慮に入れて、意味的に適切で流暢なテキストを生成するシステムです。コンテンツ作成、レポート作成、チャットボットの対話など、さまざまなアプリケーションで使用されています。代表的なサービスとして、OpenAIが提供する「ChatGPT」があります。テキスト生成AIは、Web上の情報を学習しており、現在のところは必ずしも正しい回答が返ってくるとは限りらないため、活用には注意が必要です。

●生成AIの国内市場規模
世界的ブームとなっている生成AIは、急速に進化しているテクノロジーであり、市場調査会社MarketsandMarkets社の市場調査レポートによると、市場規模は2028年までに、世界で518億米ドル(約7.5兆円)、日本で28億米ドル(約4,070億円)にまで拡大すると予想されています。生成AIにおいて、日本はアジア太平洋地域で3番目に大きな市場です。2023年から2028年までの年平均成長率は41.9%に達すると見込まれています。 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社の調査によると、2022年の国内AIシステム市場は、市場規模(エンドユーザー支出額ベース)が3,883億6,700万円、前年比成長率は35.5%となりました。このような市場の動向から、IDCでは、一般的に第3次AIブームと認知されているトレンドにおいて、同市場は2022年には成熟期に差しかかっていたと推測しています。

「未来図メディア」メールマガジン登録

5G×IoTの最新情報やイベント・セミナー情報を
いち早くお届けします。

ミライト・ワンのソリューションに関するご質問、ご相談など
ございましたらお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ