• HOME
  • イベント&データ
  • 未来都市を実現する先進技術が関西に集結 スーパーシティ/スマートシティ関西

未来都市を実現する先進技術が関西に集結 スーパーシティ/スマートシティ関西

2022年08月19日

今月の「未来図」では、東京をはじめ、日本各地のスマートシティの取り組みを紹介した。近年、スマートシティに取り組む自治体は拡大傾向にあり、その火付け役となっているのが、最先端のテクノロジーが集結する展示会である。今回は、7月7日、8日に開催された「スーパーシティ/スマートシティ関西~未来都市のスマート化EXPO」について紹介する。

「スーパーシティ/スマートシティ関西~未来都市のスマート化EXPO」は、未来社会のスマート化実現に向けて、新しいマーケットの創出と未来都市の技術・サービス事業者が集まる展示会&カンファレンスである。国内外におけるスーパーシティ・スマートシティの機運醸成と経済活性化・都市の魅力向上の実現を目指し、「地域の DX 化」、「未来のまちづくり」をテーマに、最新技術やサービスを有する事業者が集結した。

特に会場内で、多くの集客を図ったのが、MONET Technologies「マルチタスク車両」の展示である。過疎化および高齢化が進行しつつある地域の課題解決を目指し様々な用途にあわせて、車内レイアウトを変更できる「マルチタスク車両」を展示していた。医療 MaaS の車内レイアウトを披露しながら、マイナンバーカード出張申請受付サービス等で利用可能な行政 MaaS についても紹介している。

展示会ニュースリリースより イメージ
展示会ニュースリリースより

また、 MoTran(モートラン)社のメタバース空間の体験型デモンストレーションブースにも、多くの来場者が訪れた。 3Dモデリング技術や人のモーションに着目したロボット/AIとメタバースを組み合わせることによる相乗効果・デジタルツインモデルを支援するモートラン 社。地域情報の提供や、産業・観光・インバウンドを意識したメタバース空間を提案している。

モートラン展示ブースでは、外国人観光客に向けた旅館情報の新しい体験型PRを想定した「和倉温泉「加賀屋」公認 ©︎加賀屋旅館メタバース」のテストモデルを、VRヘッドセットで体感することができた。海外からの観光客を迎えるにあたり、自宅に居ながらにして宿泊擬似体験のできるメタバースを通じ、宿泊施設の事前情報収集や日本文化の体験をしながら学べる総合コンテンツの構築を図ることができるという。モートラン社は、今後も地域産業の活性化に向けた新しい販促・情報発信の手段として全国各地でのメタバース構築を推進していくという。

メールマガジン登録

5G×IoTの最新情報やイベント・セミナー情報を
いち早くお届けします。

ミライト・ワンのソリューションに関するご質問、ご相談など
ございましたらお気軽にお問い合わせください。